使い古しの「チェコ囲い込み作戦」は通用するか?

掲示板でえむえむさんから、NYレンジャーズの今季についてご質問を頂きました。
かなりレスが長くなってしまいそうなので、こちらでお答えすることといたします。

で、レンジャーズの今季ですが、随分あっさりした布陣になってしまいましたね・・・
2003−04年開幕時からチームを去った選手を並べてみると、マーク・メシエ、エリック・リンドロス、パベル・ブレ、ボビー・ホリク、ピーター・ネドベド、ブライアン・リーチ、アンソン・カーターと、それはまあ大挙チームを脱出していったという感じでしょうか?

そんな中レンジャーズは、えむえむさんのご指摘通り、ヤーガーを中心としたチーム作り&チーム再建モードというところのようです。あのメンツでプレーオフに出場できればラッキー! というのが今季のレンジャーズではないかと思います。

実質ヤーガーのみがスーパースターのチームになってしまったレンジャーズですが、モチベーション下がり気味のヤーガーを少しでもやる気にさせるためか、このオフにはマーティン・ストラカ、マーティン・ルチンスキー、マレク・マリク、ミカル・ロズジバルと4人のチェコ人選手を獲得するヤーガー囲い込み作戦を敢行しました。かつてレンジャーズは、ネドベド、ドボラク、フラバーチのチェックメートラインを形成したことでも知られています。また、ヤーガー所属時のピッツバーグ・ペンギンズには、チェコ人選手が増えただけでなく、故イワン・フリンカ氏がヘッドコーチを務めた時期もありました。つまり「チェコ囲い込み作戦」は目新しい戦略では全くなく、過去の経緯をご存知のファンの皆さんなら「あ〜、またやってるな」という感じでしょうか?

で、今夏のヤーガーですが、どうも昨季プレーしたロシアリーグ・アバンガルドオムスクとの契約にも後ろ髪引かれていたようです。そのココロは、実は引退後の仕事をオムスクのオーナー、ロマン・アブラモビッチ氏からオファーされていたのでは? と噂もあったようです。ただし、レンジャーズとの契約がある以上、契約期間内はレンジャーズでプレーしないと契約不履行になってしまう。つまり今季どこでプレーするかはヤーガーの一存で決められる問題ではないわけです。

またメシエ引退発表後に、ヤーガーは「自分はキャプテンには向いてない。キャプテンはファンに対して語らなければならないし、それには英語がネイティブな北米出身者の方がラク」と公言。なにかと自分に注目が集まってプレッシャーになるのが嫌という部分も当然あるでしょう。そんな気分屋さんのヤーガーを、周りのチェコ人選手がどうフォローしていくのかが、レンジャーズのひとつの焦点になりそうです。

今度は、実際にヤーガーを取り巻くレンジャーズのFW陣を見てみると、その実態がよく掴めると思いますので、ここでご紹介を。

まず、FWの要であるセンター。ミカエル・ニーランダー、スティーブ・ルーチンというところはまずまずなのですが、ストラカはどうもヤーガーのラインでLWとして起用するらしく、ジェイミー・ランドマークもセカンドラインでのウイング起用ということで、3つめ、4つめのセンターは若手で埋める予定とか。今のところドミニク・ムーア(コロラドのスティーブ・ムーアの弟です)、ブレア・ベッツ、ヤルコ・イモネンの3すくみ争いが報じられています。えむえむさんご贔屓のニエミネンは、おそらく持ち味を生かしてサードライン以降でのプレーが予想されます。ジョン・ルクレア獲得にも動いていたそうですが、同ディビジョンのピッツバーグに奪われてしまいました。

GKはケビン・ウイークスに加え、ヘンリク・ルンドクイストが開幕予想されています。 キューバ系アメリカ人として最初のNHL選手を目指すアル・モントヤは、今季はおそらくAHLでのプレーになりそう。左肩負傷で両手にブロッカーを着用するダン・ブラックバーンもキャンプには来ているそうですが、開幕1軍を目指すにはかなり厳しいとされています。

Dはトム・ポティ、マリク、フェドー・トューティン、ロズシバルに、バイアウトを逃れたダリウス・カスパライティスあたりがレギュラーとなりそうです。

ヘッドコーチはトム・レニー。地味目&ディフェンシブホッケーが好きな方(チームカナダ出身。もともと洋服屋さんなので着るものは結構派手ですが)なので、今季のルール改正の下、どういう戦略になるのか注目されます。

そういえば、キャンプ先のウエストチェスターのホテルの駐車場で、ケビン・ウイークスの車が破壊行為に遭ったそうです。それだけ罵詈雑言シティ・ニューヨークでの注目度は低そうで高いということでしょうか? シーズンが始まる前からコレですから、始まったらどうなることやら・・・と考えると、凄まじいものがありますね。

ご感想はHWJ掲示板まで
[PR]
by hockeyworldjapan | 2005-09-20 15:17 | NHL overall


<< 福藤選手、元気に練習復帰 福藤選手続々報 >>