NHL小ネタ集

Canadiens pay tribute to departed Expos, Youppi! a hit with fans
以前もこちらでお伝えしたネタですが・・・
今季からカナディアンズのマスコットを務めることになった「ユッピ!」。
かつてMLBモントリオール・エキスポスのマスコットとして人気があったのですが、エキスポズは2004年にワシントンにチーム移転。以来職にあぶれていたところを、今季からカナディアンズへマスコット界初の「FA移籍」。アンドレ・ドーソン、ゲイリー・カーターという2人の往年のエキスポス選手と一緒に試合前のセレモニーに出席していました。
カナディアンズ入りが正式発表された頃のインターネットによる調査では、「ユッピ!」の加入には2対1で反対という結果が出ていたものの、この日のベルセンターの観衆は「ユッピ!」に大歓声を送っていたとか。
背番号はエキスポス時代からの「!」だそうです。

Adrian Aucoin has come a long way since he and a guy named Naslund were struggling Canucks
シカゴで今季からキャプテンに就任したエイドリアン・オコインについての、バンクーバーの記者のコラム。ナズランド同様、キーナンには虐げられていたというオコイン。ナズランドは、モギルニーが膝を故障したことで、キーナンがメシエのRWがいなくなったことでチャンスを掴んだが、オコインはその後タンパベイ、NYアイランダーズと渡り歩いて、今夏シカゴではぐっと価値が上がった選手。
確か日本開幕戦で来日した頃のオコイン、攻守ともにまだまだ・・・という感じでしたよね。メジャージュニアでなく、大学ホッケーを選んだ選手は往々にしてフィジカルさが足りないとか言われる傾向があるのですが、彼もその例に漏れなかったと思います。
しかし、現在のルール改正がそのままNHLに根付けば、大学ホッケーで伸び伸びとオフェンス力を身につけたディフェンス選手は、かなり将来が明るいかも知れないなと思う今日この頃。

Wild: Special teams rolling, but don't say anything
ペナルティ増加の今季、鍵を握るのはスペシャルチームス(PPとPKね)ってことは明白。で、両部門でリーグトップを突っ走ってるのが、なんとミネソタ・ワイルド(「なんと」というのは、ジャック・ルメア爺に失礼かしらん)。まだシーズン始まったばかりなので、なんとも言えませんが、太もも付け根故障のマリアン・ガボリク抜きで、PP成功率33.3%、PK阻止率95.0%という数字というのは大したもの。
ちなみに現在はガボリクの代わりに、マーク・シュイナール(アナハイムでは「ジギーの親友」として知られてたけど、ワイルドでは今やスコアラー)、ピエール・マーク・ブシャール(小さいけど速い!)が、頑張ってるようです。ちなみにPP、PKともに最下位はカルガリー(68.2%、6.7%)。ふーむ。

Bolts, Walgreens Strike Deal For Coins
ライトニングは、アメリカ大手のドラッグストアチェーン「ウォルグリーンズ」とスポンサー契約。タンパ地区での「ウォルグリーンズ」では、ライトニングの選手を象った銀のコインを販売(1セット$12.95)するんだとか。まずは第1弾としてブラッド・リチャーズのコインが10月21日vsオタワ戦で5000セット無料配布される模様です。今後はパウ゛ェル・クビナ、ルスラン・フェドテンコ、ダン・ボイル、ヴァンサン・ルカウ゛ァリエ、デイヴ・アンドレチャク、マルタン・サンルイのコインが発行されるそうですが・・・リチャーズ、似てない(笑)。
[PR]
by hockeyworldjapan | 2005-10-19 19:25 | NHL overall


<< 取材こぼれ話 今季のNHLチームキャプテン(... >>