NHL Notebook

ベットマン憎けりゃポクリントンを恨め

CBA
元のサイトで完全版を読む
NHLPAの親玉、ボブ・グッドナウ氏。 今後の動きとして管理人予想では「24%ペイカットの話はなかったことに!」と出るかと思いきや、今度は「NHL試算の数字はでたらめ(「でたらめ」という言葉に「hogwash=豚さんのエサ」などという言葉をお使いになっております)」とNHLの会計手法を非難してました。 NHL試算だと、今後のNHL全収入の成長率は年3%、対して選手年俸高騰率は年12.1%になると予測。ちなみにこの12.1%との数字は、過去10年間での年平均だそうです。 が、この数字にNHLPAは「リーグ全収入成長率3%はないだろ。過去5年間は7.8%だった。年俸高騰率も、過去5年間では7.3%だったし〜」と、いちゃもんをつけたのです。 NHLとしては、今後はTV放映権収入が減収に転じるために、成長率が3%に留まると説明していたのですけどね〜。 いずれにしても、前にもフォーブス誌試算とズレがあるってやってましたっけね。またあのレベルに交渉が戻ってしまったってことでしょうか。もう12月なんですけど ね・・・あんたたち、重症だわよ。 ところで「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とはいいますが、ここでこんな記事が。 「ベットマンが憎けりゃポクリントンを恨め」。ポクリントンといえば、もちろん80年代エドモントン・オイラーズ黄金時のチームオーナー、ピーター・ポクリントン氏であります。 グレツキーを「LAに売った男」として知られるポクリントン氏は、その後自らの事業が不振となり、結果的にチームを手放しました。しかし、ベットマン氏がNHLコミッショナー就任前には、NHLでも有力オーナーのひとりとして知られていたのです。 で、前NHL会長(当時NHLはコミッショナー職がありませんでした)ギル・スタイン氏の後任を決定する審議委員会(5名のオーナーから構成。横綱審議委みたく胡散臭そう)のひとりとして、ベットマン氏を強力プッシュしたのが、他でもないこのポクリントン氏だったそうです。最初は他の候補が優勢だったらしいのですが、当時NBAのナンバー2として活躍中だったベットマン氏は、面接でそのエネルギッシュな一面を披露。結果、NHL初代コミッショナーの座を射止めたのでした。 というわけで、ベットマン憎けりゃポクリントンを恨め。エドモントン発の記事でありました。 NHLPAグッドナウ氏、NHLを非難 ベットマン憎けりゃポクリントンを恨め ご感想はHWJ掲示板まで
もっと見る